記事詳細ページ

金の里芋

  • 金の里芋
  • 金の里芋

山形県村山市隼(はやぶさ)産「金の里芋」


◇特 長ぬめりやホクホク感、とろけるような口あたりが最高


◇金の里芋のこだわり

●里芋の名産地
  村山市はやぶさ地区は、黒ぼく土広がる自然豊かな地域で、この土が美味しい里芋を育てます。また、「とろけるような食感」と「糸を引くぬめり」が高い人気となっており、地元でも人気の秋の食卓には欠かせない定番品になっています。 
  
●どんな料理にも合う
  山形では秋に河原で大鍋を持ち寄り、芋煮を作る「芋煮会」が風物詩となっています。芋煮はもちろん、焼いても蒸しても揚げても美味しい里芋は老若男女に人気の定番品です。また、スーパーなどでは皮が剥いてある「洗い里芋」が売られ手間がかからず便利な反面、皮を剥いてから長時間水につけてあるため食感が変わります。弊社がお届けする「土つき里芋」は皮剥きの手間はかかりますが、ぬめりや柔らかさは格別です。土つきですので保存もでき便利です。



▼ご購入/お問い合せはこちら

 1)山の市場|オンラインショップ
 2)TEL: 0237-48-6785(受付9:00-18:00)

2021.04.05:[里の幸]

山の市場Cooking

山の市場Cooking:画像

◆山形芋煮


●材料

 金の里芋   500g
 薄切り牛肉  300g
 しめじや舞茸などのきのこ 1袋
 こんにゃく  1枚
 ごぼう    1本
 長ネギ    1本

 

●調味料

 醤油    50ml お好みの濃さ
 酒     20ml
 みりん   少々
 砂糖    少々  お好みの甘さ


●下準備

  ‘蕕砲燭辰廚蠅里湯を沸かし里芋を竹くしが刺さるくらいまで煮る
   ※皮付き里芋は皮をむいて
   ※里芋が煮えたらザルにあける

 ◆,海鵑砲磴を一口サイズにちぎり2〜3分茹でる
   ※こんにゃくが白っぽくなったらザルにあける

  牛肉をさっと湯煎にかける
   ポイント! 牛肉の下準備をすることで 牛肉のクセや脂がとれ
         透明感のある芋煮に仕上がります

 ぁ,気気きごぼうをつくり 酢水に浸してあく抜きをしておく

 ァ,のこをばらす

 Α…好優を斜め切りにする
 

●調理

 大きめの鍋にお湯を沸かし 
 [ぐ髻´△海鵑砲磴を入れ煮立ったら
 5軻を入れ ひと煮立ち → このとき あく取りをする
 い瓦椶Α´イのこ を入れ 火が通ったら → 調味料を入れ味を整える
 最後に δ好優 を入れ 火が通ったら 完成!!


 
山形名物「芋煮鍋」を囲み,ご自宅で「芋煮会」はいかがでしょうか。

 

2021.04.10 14:36:編集削除

この記事へのコメントはこちら

  • 名前
  • 題名
  • 本文
  • URL
  • ▼編集/削除用パスワード (半角英数字4文字で自由に入力して下さい)
  • ▼手動入力確認 (画像の文字を半角英字/小文字で入力して下さい)

  •  ※誰でも投稿可/すぐに反映
    山の市場オンラインショップ

    霊峰葉山の天然わらび「金のわらび」  山の市場自慢の逸品「金のとうもろこし」  山形県東根産「金の枝豆(えだまめ)」

Access 501,595pv (2018.05.04〜) Today 666pv Yesterday 694pv Contents 643pages