記事詳細ページ

畑のお話

畑のお話:画像

今日はさくらんぼ畑に来ています。

さくらんぼ収穫までには1年を通して様々な作業があります。

大事なのが剪定です。冬(2月)の剪定は枝を整え日光が当たり
風通しをよくするためで、樹木を元気に育てるためのものです。
夏(5月)の剪定は新梢を整え、栄養がバランスよく巡回し
美味しい実を実らせるためのものです。

梯子脚立を使い、両腕を挙げての作業は地味にキツク、
その他、実を間引く摘果や水やり、アブラムシなどの害虫や
灰星病などの病気から守る農薬散布などがあります。

また東根市ではほとんどのさくらんぼ畑で、雨や風で実が
割れたり、傷が付かないようにするため、樹全体に
ビニールテントをかけます。この作業も高さ9メールほどの
足場の悪い高所作業で、毎年テントがけ中に落下し大ケガをした
ニュースをよく耳にします。

無事に収穫期を迎えると、よーいドン!で始まり収穫から
箱詰め、発送までスピードが命になります。そのため、
短期間で進められるように人員の確保が必要となります。
ここ数年農業人口の減少から働き手が集まらず、
人員確保のための争奪戦が繰り広げられるほどです。
それでも集まらないので最近では、時給が高騰しプラスお弁当付きや
おやつ付き、さくらんぼのお土産まで付いたり、生産者の負担が
増える一方、対応しきれずさくらんぼづくりをやめる生産者も
増えてきています。

さくらんぼというと「高い」イメージがありますが、このような
現状を知っていただき、品物ができるまでに見合った価格適正価格
であることをご理解いたいただければと思います。

2022.04.13:[お知らせ]

この記事へのコメントはこちら

  • 名前
  • 題名
  • 本文
  • URL
  • ▼編集/削除用パスワード (半角英数字4文字で自由に入力して下さい)
  • ▼手動入力確認 (画像の文字を半角英字/小文字で入力して下さい)

  •  ※誰でも投稿可/すぐに反映
    山の市場オンラインショップ

    霊峰葉山の天然わらび「金のわらび」  山の市場自慢の逸品「金のとうもろこし」  山形県東根産「金の枝豆(えだまめ)」

Access 801,898pv (2018.05.04〜) Today 168pv Yesterday 325pv Contents 781pages